読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフレイン

思い出せるように

えびざ 10/12

姉が行けなくなって急遽代わりに。えびちゃん舞台はこれまでも行ったことあるし楽しめるかなと思ったけど、つ、つかれた…wっていう感想が一番にきたwにっきさん舞台はもうやめようかなあってくらいには疲れた。あの時代の曲は好きだしバンドとダンスが楽しくて満足したので総合的にはまあいいけど、ストーリーの意味分からなさが久々に本当についていけなかったw

せっかくなので覚え書き。

1部はえーっとごっちのせりふ回しが安定してて感動した!大丈夫かな?とかひやひやとかが全くなくて、スッキリ聴いていられた。ゴローさんは噛みすぎである。あとは調子乗るふみとと一匹狼のはしーちゃんはなんか見飽きたなあと思ったのと、あんなに早く生き返るなら死ぬ必要あった?っていうのとうーんいい感想出てこないなwバンド良かった!まず思ったのは達也いるね?だったけど えびちゃんがあの年代の曲歌ってるの好きだし、はしーちゃんはやっぱり歌良くて純粋にかっこいいし、はしとつの歌が好き。なのでバンドシーン詰め合わせで全然よいwww

 

2部ははけないコンセプトで生着替えたくさん。これも意味分からなさは結構あってマネキンと和風のところがMAXでわたしはry でもえびちゃん好きだなあというところはたくさんあって、楽しかった。歌って踊ってしてるえびちゃんいいなあ。塚ちゃんはひとりひとりとアイコンタクトするタイプで、それをにこにこ純粋に楽しんでやってる感じが好き。下手前列って近すぎてあんまり視線こないイメージだけど、ちゃんと見てくれてるなあと感じた。

グループ曲をソロで歌うってめちゃくちゃ需要あるよね?!とテンション上がる。ミュージカル厨としてはしがそんの大階段とか大好きなので、それをきらきらごっちが甘い声で歌ってるのがあ〜来て良かったな(合掌)と思った。しゃわげ始まりで下手から白い扉を受け取るとつかさんが満面の笑みで、なんでそんな笑ってんの…?ってキチさを感じたしずっとはしーちゃんを見つめていたのも結構やばい人に見えた(フィルター)はしーちゃんの1曲をお兄ちゃんたちが優しく見守っているのが最高だった。砂グラがふみとつっていうのがずるくて、誕生日春夏秋冬ってなんだよ?と思ってたけどそんなの吹っ飛んだ。最後のダンスのとつかさんのターンで汗が水しぶきのようにはねたのが、美女丸脳内再生マンとしては最高にときめいた。2011?のプレゾンの映像なつかしすぎてテンション上がった…!わんすてっぶびよーん好き。ジャパニーズハイという単語を久々に聞いた。コント映像の次の少年たちの映像のとき 、(゚▽゚)これもコントなんだよね!!!

セトリ忘れちゃったけど、Finaly Overが良かったなって印象はすごくある。ごっち先生〜はしーちゃん〜うお〜〜って感じだった。あと新曲いいよね!行きの電車で慌てて予習しましたよ

新技の前のひとりずつの紹介、髪撫でつけてるとつかさんキチくて好き 最初の方で塚ちゃんひとりでぐるぐるしてますなとき、ヘドバン気味のごっちさん…ときめき…新技はなんかすごいけど意味が分からないみたいなとこあって、サーカスみたいなすごい高いやつで一般的(?)なようにやってほしいなって思った。たぶん回るから意味分かんないんじゃない?最後にごっちが塚ちゃんにぶらさがるとこ、捕まるのそこじゃなくない?!1本ふつうに紐あいてるよ?!って思った。

ろくな感想出てこないな^^