読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフレイン

思い出せるように

2016年10月

・10/1 シンデレラゲーム 舞台挨拶 下手端

つむ鴨をこういう形でこじらせたのもめずらしいのではなかろうか。花純ちゃんの真っ直ぐで大きな目と、しっかりした綺麗な声で夢を語るのがどんぴしゃはまってて良かったー。最初のオーディションのシーンね。さき思い出して泣いてましたわ٩( 'ω' )وよくあるデスゲームでベタなんだけど、なーんかおもしろかったな。20人が毎日半数になってラストがとんとんだったから3日で終わるのも早くて良いw心理戦がドロドロとか変に込み合ってなくて、シンプルでさっぱりまとまってる感じ。というのは良い言い方すぎるかなw心理戦もエリナ再登板も、掘り下げればいくらでも広がるのにあえて広げてなくてうけた。その事実があるだけなんだwあとねー、えけびとかもーむすとかでなく、売れない地下アイドルみがすごく良かった!wみんなアイドル衣装なので絶対領域ほくほくって感じでしたね。男装の子がかっこよくて胸キュン枠なのと、エリナが好きだな。舞台挨拶はアイドルの安いイベントみ(イメージ)があって非常にごちゃごちゃしてたけどw真ん中に立つ花純ちゃんが見たかったのでまあ良し…まいっか

 

・10/2 夢と希望の先 上手後列

玲央さん降板でちょっとお譲りも考えたけど、結果的には観てみて良かったかな。話題のねもしゅーを作り手として観に行ったつもりだったんだけど、演技が良かった!橋本愛とねもしゅーの感情爆発のところが上手いなあと思った。わたしはあのダメ男も無理だし彼氏という一時の感情で自分の夢を諦めるのも無理だから、完全にエッちゃんサイド。エッちゃんもっと言ってやれ。ふたりは親友だけれど、サッちゃんには自分が優位に立っている潜在意識が間違いなくあって、自分に付いてきているエッちゃんには特に「わたしが決めたことを応援してほしかった」訳で。言うこと聞いて付いてきてくれるはずのエッちゃんに裏切られた気分だったんだろうなというのはなんだかとても歯痒かった。わたしはサッちゃんになることもエッちゃんになることもあるなあ、なんて。橋本愛と玲央さんでお風呂がどうのとかキャッキャやってるのマジで観たかったんですけど!!!(ミーハー心)

 

・10/8 露出狂 くるう 上手

柿フェスぶりの露出狂ー!おもしろさ再確認。とにかく若くて若くて面食らった。宇津保がとても良かったので穂先くんへの期待大٩( 'ω' )و

 

・10/8 狂犬百景 上手寄り

長尾ちゃんを観に。と言っても長尾ちゃんは出番少ないしあんまりおいしい役でもなかったけれど!作品としてすごい面白くて満足。狂犬の話のようで、一番狂ってるのは人間、というのがとっても好みだった。その人間たちもすっごくリアルで、どこにでもいそうなコンビニ店員、アル中のサバサバ系女子、男勝りな女部長、花柄スカートの女子社員、サブカル(笑)な漫画家、オタクのアシスタント…キリがないくらい、全員が全員、現実にいそうだから作り物っぽくなくて良かった。ホラーでありリアリティもあり。面白かったな。これは誰が良いんだろう?またMU行ってみようかな →狂犬百景 - Togetterまとめ

 

・10/9 露出狂 いずる 下手

アフトクゲストの凌くんがまじ幼児。

 

・10/10 露出狂 あらわ 上手

マネージャー3人最高!穂先くん期待通り最高だーーー!笑いすぎて涙出た。ブルーシアターでめがねのちゃんじんはまだ正気で見られない。クラーウスッ!→露&出&狂 - Togetterまとめ →露出狂 10/8-10 - リフレイン

 

・10/14-19 ゆっ大衆

越えてはいけない一線を越えました全通マン( ˘ω˘ )人間界を離れて杉田に魂を売った6日間だった。とんでもない贅沢だ。贅沢死する。またやってね…1公演ずつぽつぽつ書いてるけど永遠に終わらなさそう。→ゆっ大衆 - Togetterまとめ

ゆっ大衆 10/14 - リフレイン

ゆっ大衆 10/15昼 - リフレイン

 

・10/19 墓場、女子高生 真ん中

1年ちょっとぶりの墓場。乃木坂ちゃんたちかわいかったし合唱部らしい和声も好き。演じてる子たちの年齢が若いであろうから当たり前なんだけど、前回より少女性が強くて焦った。ひのぺちーのがロリ。浮世離れした高校生ではなくて、何も知らない無垢な中学生だった。やっと中1くらい。ロリ。去年のはキャイキャイやってる青春真っ只中のザ高校生の中で、一線を置いている、先を見てしまった精神年齢の高さが葉月さんにはあったのだけど。消えてしまいそうな感じとか、みんなとは違う確実に違う何かがあったんだけど、今回の日野ちゃんは周りと変わらず普通に混ざっている子供だったから、尚更絶望した。Gロッソの箱っぽさとコスプレっぽい制服で箱庭感は増していたけど、中身は普通の子供たちだったなあ。

 

・10/29 夜にて センター後列

くっだらなくて涙出るほど笑った!前半。中盤以降はよくわかんなくて集中できなかったし釈然としなかった。前半のかっこつけるベタな感じは超好きwでも…でもまさか?!で繋ぐのとか、取り調べの1万倍〜とか。かっこつけてる大倉さんってすごい好きだよw

 

・10/29 キンキーブーツ 3階真ん中

通わないように楽日近くの増やせない日にしたwもーー日本版で好きなのは分かってたけどやっぱり本当に楽しくてしあわせで素晴らしかった。こういう言い方もなんだけど、1曲1曲全て素晴らしくて非の打ち所がなくて…感動して震えた。良すぎて言葉が出てこない…エンジェルズのダンスに、客席が一瞬にして湧いて盛り上がった感覚が最高だった。たぶんサッカーのゴールとかこんな感じなんだと思う。たぶん。瞬間的にワァッ…!って盛り上がって歓喜する感じ、全員の意識が一点に集中する感じ。あーー本当に素敵だった。

 

・10/30 るつぼ 下手立ち見

ものっすごい面白かった。けど、後半は慣習とか宗教って概念が怖くてしんどかった。ふざけた堤真一を思い出したくなるくらいにはしんどかった。変顔してくれ。そんなことがまかり通るの?って思っても、まかり通る慣習なのだから正しいとされるとか。そういう文化とか価値観が蔓延していて、その世界の常識になってるとか。それって中世の魔女狩りという特殊な出来事ではなくて、現代でもあるよなあと思ったり、そういう人間の心理が怖いって話は大好物です。書く女で黒木華さんに惚れ込んだんだけどめっちゃくちゃ良かったなあ。取り憑かれて全員で動き回るところ、素晴らしくてにやにやした。あと終盤の松雪泰子の復讐はある気がしてる。堤真一は、もう罪を犯している、上っ面の誇りになんか意味がない っていう時点で答えは出ている気がするもの。それなのに告白を明確には進めなくて、結果として処刑されるのは復讐なのかなあとか。松雪泰子だからそう見えるのもあるんだけど。ただ夫の意思を尊重する良き妻なのかもしれないけど。役名ど忘れして本名ですまん →るつぼ - Togetterまとめ